山梨市役所

根津記念館

根津記念館では、緊急事態宣言区域からのお客様の入館自粛をお願いしています。
また、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を徹底した上で開館しています。
来館の際は、必ずこちらをご確認ください。
また、団体予約についてはこちらをご確認ください。

根津記念館は「鉄道王」と呼ばれた初代根津嘉一郎の実家「根津家」の邸宅を保存・公開する施設です。嘉一郎は東武鉄道の社長など鉄道会社24社、その他多くの会社経営にかかわった実業家です。

開館時間/休館日

開館時間
午前9時30分~午後4時30分(受付4時終了)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)/年末(12月28日~12月31日、1月2日~1月4日)※1月1日は特別開館

花ごよみ&イベントカレンダーを公開しました。

花ごよみ&イベントカレンダー

※例年の目安です。イベントは中止、変更、追加等になる場合がございます。

 詳しい情報は、日にちが近づいてきましたら、イベントページ等でご確認ください。

花ごよみ&イベントスケジュール(PDF 240KB)

 

【根津記念館】特別企画展「山梨と春 日本画大作展~伊東正次・棚町宜弘~」開催

特別企画展「山梨と春、日本画大作展~伊東正次、棚町宜弘~」開催

日展特選受賞作家の二人が日本画大作で山梨の春をテーマに描いた屏風絵や襖絵大作、額装小品などの作品を、旧主屋や展示棟を活用して展示します。

山梨市は、東は大菩薩、北を甲武信ヶ岳、南には富士を借景にした御坂の山など三方に雄大な山々を望み、豊かな笛吹の流れと相まって壮大な大自然の恵みを堪能できる地です。特に春は桜と桃の花々に彩られ、まさに桃源郷です。日本画伝統の和紙、岩絵の具、そして特有の技法を駆使し、大作で表現されています。是非ご高覧ください。

 

【開催期間】令和3年3月20日(土)~5月9日(日)

【開館時間】午前9時30分~午後4時30分(受付終了:午後4時)

【展示会場】山梨市根津記念館

 

〈作者プロフィール〉

伊東正次(日展会員)

多摩美術大学日本画科在籍中、日本画家の加山又造、米谷清和に学ぶ、大学院終了後オブジェやインスタレーションを制作、院展同人伊藤髟耳との出会いをきっかけに日本画に戻り、樹木や花をテーマにして襖絵を描き始める。その後、コンクールや個展、グループ展などで発表をする。現在は日展に所属しながら、美術館、ギャラリーなどと共に、古民家、ホテル、寺社、高齢者施設などの公共スペースなどで襖絵を展示。生活に身近な場所での展示をめざし、普段、美術館に足を運ばないような人々に日本画を楽しんでもらえるような機会を模索している。

伊東正次 桜樹霊図(神代桜)_s.jpg

「桜樹霊図(神代桜)」伊東正次

伊東正次 松鷹図_s.jpg

「松鷹図」伊東正次

 

棚町宜弘(日展会友)

風景画を中心に制作。日本全国、世界各地を行脚し、その郷土の妙を五感で感じ取り画面に反映させることを試みながら制作活動を続ける。

現場でのスケッチを大切に、その場で味わった季節ごとの空気の匂い、風のそよぎや小鳥のさえづりなどの音、出会った人々とのふれあいの記憶など視覚の一感だけでは表現できないものを絵画で凝縮し表現をする。

・多摩美術大学大学院絵画専攻終了

・個展(佐藤美術館、南部町立美術館、百貨店、ホテルなど多数。)

・企画展「創と造」(東京美術倶楽部、五都美術商)

・パブリックコレクション(豊島区、山梨県早川町、北海道置戸ぽっぽ絵画館、山梨県富士川町、中国上海雲間美術館など多数)

棚町宜弘 桃源郷 暁 _s.jpg

「桃源郷暁」棚町宜弘

赤芝 錦秋_s_s.jpg

「赤芝綿秋」棚町宜弘

作者のオリジナルグッズ販売いたします。

期間中、絵葉書、カタログ、作品集、作品印刷(木製コースター、木製サウンドゲージ(スマホ用スピーカー)、スマホスタンド、木製アクセサリー)などを販売します。

 

春の山野草展を開催します(4/20~25)

根津記念館「春の山野草展」開催します。

山野草1山野草2

山梨市文化協会盆栽部の皆さんのご協力のもと、春の山野草展を開催します。

山野草独特の自然の色合いが美しく、かわいらしい山野草を、春の訪れとともにお楽しみください。(写真は過去の様子)

また、館内でもたくさんの草花が花開いています。ぜひご一緒にご覧ください。

 

期間:4月20日(火)~25日(日)

 

場所:根津記念館展示棟前

協力:山梨市文化協会盆栽部

 

 

 

このページの先頭へ

広告

(※広告掲載について)