山梨市役所

市民向け:トップページくらし自然エネルギー・省エネルギー設備補助金
市民向け:トップページくらしごみ・リサイクル・環境環境保全自然エネルギー・省エネルギー設備補助金
市民向け:トップページライフシーン自然エネルギー・省エネルギー設備補助金
市民向け:トップページライフシーン引越し・住宅住まいを建てる・探す自然エネルギー・省エネルギー設備補助金
市民向け:トップページ申請・手続き自然エネルギー・省エネルギー設備補助金
市民向け:トップページくらしごみ・リサイクル・環境自然エネルギー・省エネルギー設備補助金

自然エネルギー・省エネルギー設備補助金

自然エネルギー・省エネルギー設備補助金

市では、地球規模での環境保全やエネルギーの安定供給の確保を図り、自然豊かな環境にやさしいまちづくりを推進するため、自然エネルギー・省エネルギー設備を設置した方に補助金を交付します。平成30年度につきましては、下記のとおりです。

※平成30年度から「住宅用蓄電池システム」が補助の対象となりました。
※「住宅用太陽光発電システム設置費補助金」は、平成28年度をもって終了しました。

対象機器一覧表
種類 内容 補助金 備考

住宅用地中熱利用システム

地中熱(地下水熱を含む)を熱源として、その熱をヒートポンプで汲み上げることにより、空調または給湯などに使用するシステム

機器設置経費の
10分の1

限度額10万円

継続

住宅用太陽熱高度利用システム

平板状または真空ガラス管形状の集熱器、蓄熱槽、不凍液などの熱媒、熱媒循環用ポンプなどの機器で構成され、給湯・冷暖房などに使用するソーラーシステムまたは、太陽光高度利用システム
※集熱器と蓄熱槽が一体化された自然循環型の太陽熱温水器は対象となりません。

機器設置経費の
10分の1

限度額5万円

継続

住宅用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)

ガスなどを燃料とし、燃料電池ユニットおよび貯湯ユニットから構成される電気および熱の供給などに使用するシステム

機器設置経費の
10分の1

限度額5万円

継続

住宅用蓄電池システム

住宅用太陽光発電システムを設置し、同システムが発電する電力を畜放電できる定置用リチウムイオン蓄電池

機器設置経費の
10分の1

限度額5万円

新規

申請方法

申請書に必要事項を記入の上、添付書類を全て揃えて提出してください。

※現在想定を超える申請をいただいており、申請書類の受付をお待ちいただく場合がありますがご了承ください。

平成30年度に補助金の給付を希望される方は、必ず平成30年12月28日(金)までに環境課新エネルギー推進担当へご相談ください。

補助条件

いずれも市内に住所を有し、市税等の滞納がないこと、平成30年度内に購入し、設置した未使用品であることが条件です。

注意事項

一般家庭においても、空調機器・給湯機器・発電機器などが、騒音や振動などの発生源となり生活環境に影響を及ぼす場合があります。販売店や設置業者とよく相談の上、周辺住宅への十分な配慮をお願いします。

詳しくは、環境課新エネルギー推進担当までお問い合わせください。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2018年12月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

広告

(※広告掲載について)