山梨市役所

65歳以上の人の介護保険料

65歳以上の方の介護保険料は、山梨市の介護サービス費用がまかなえるよう算出された「基準額」をもとに決まります。

基準額の決まり方

山梨市で必要な介護サービスの総費用 × 65歳以上の方の負担分23% ÷ 山梨市に住む65歳以上の方の人数 
= 山梨市の平成30から32年度の保険料の基準額80,040円(年額)

この基準額を中心に、所得に応じた負担になるように9段階の保険料に分かれます。

65歳以上の介護保険料
所得段階 対象となる方 調整率 保険料年額(円)
1 生活保護受給者の方 0.45 36,010
老齢福祉年金受給者で、世帯全員が市民税非課税の方
世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額の合計が80万円以下の方
2 世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額の合計が80万円超120万円以下の方 0.75 60,030
3 世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額の合計が120万円超の方 0.75 60,030
4 世帯の誰かに市民税が課税されているが本人は市民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額の合計が80万円以下の方 0.90 72,030
5 世帯の誰かに市民税が課税されているが本人は市民税非課税で、前年の合計所得金額+課税年金収入額の合計が80万円超の方 1.00 80,040
基準額
(月額6,670円)
6 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方 1.20 96,040
7 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の方 1.30 104,050
8 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の方 1.50 120,060
9 本人が市民税課税で、前年の合計所得金額が300万円以上の方 1.70

136,060

※課税年金収入額:課税となる国民年金・厚生年金・共済年金等の収入のこと。

※合計所得金額:収入額から必要経費に相当する金額を控除した金額から「長期譲渡所得および短期譲渡所得に係る特別控除額」と、「公的年金等に係る雑所得」(保険料段階が第1~5段階のみ)を控除した金額のこと。

保険料額の確定

保険料額の確定は、7月になります。
特別徴収の人には「お知らせ」を、普通徴収の人には、「納入通知書」を送付します。
なお、特別徴収の人には、4月に「仮徴収のお知らせ」を送付します。

保険料の納め方

特別徴収

年金が年額18万円以上の人は、年金から天引きになります。ただし、年度途中で65歳になった人、転入した人や保険料が減額になった人などは、納付書で納めていただきます。

普通徴収

年金が年額18万円未満の人は、納付書で納めていただきます。

保険料の納め忘れにご注意を

保険料の未納期間に応じて給付差し止めになったり、利用者負担が1割から3割になったりする措置がとられます。口座振替にすると、納めに行く手間が省け、納め忘れもなく安心です。

関連リンク

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2018年6月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7

広告

(※広告掲載について)