山梨市役所

七日市場宝篋印塔

【市指定有形民俗文化財】七日市場宝篋印塔

七日市場宝篋印塔

  • 指定年月日
    平成13年3月31日
  • 所在地
    山梨市七日市場1219番地
  • 管理者
    知足院

 

解説

この残欠は、宝篋印塔の基礎の部分で、はじめ知足院の南方約400mに所在した経塚に一切経6011巻を内部に納めて奉安されたものが、経塚の整理に伴い知足院に移転されたものです。
側面4面のうちの1面には、造立の趣旨と年月日を記した銘が彫られ、応安5年(1372)に造立されたことが明確となっています。注目すべき点は、他の側面3面にそれぞれ2体ずつ合計6体の地蔵菩薩像が線刻されていることです。地蔵菩薩像は平安時代に出現しますが、六道思想の影響で室町時代までに六地蔵へと発展します。
六地蔵の像容としては県内最古であり、貴重です。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2018年6月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7

広告

(※広告掲載について)