山梨市役所

木造不動明王二童子立像

【市指定有形文化財】木造不動明王二童子立像

木造不動明王二童子立像

  • 指定年月日
    昭和51年3月30日
  • 所在地
    山梨市牧丘町倉科7005番地2
  • 管理者
    上求寺

 

解説

中屋集落に所在する大瀧山上求寺奥の院は、真智集落の北方倉科間分山麓にありましたが、天正10年(1582)武田家滅亡のとき織田の兵火に災い焼失しました。現在は不動堂だけが残っています。附近には、男滝、女滝、袖切坂、蚕種石などの地名があります。
本尊の不動明王は寄木造、童子像は一木造で、頭部は耳前で前後に二材を矧ぎ、童子像はほぼ全身を一材から彫出し、面部を矧いで玉眼を篏入したと思われます。面部は欠失しています。火災の光背を背負って立つ、通形の不動明王像です。上半身を強く左にひねる姿は、信玄の願主とする恵林寺武田不動尊像にみられる姿です。
制作年代は、江戸時代で、2月28日の例祭は、「お不動さん」の名で親しまれています。

  • 像高35.5cm

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2018年12月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

広告

(※広告掲載について)