山梨市役所

市民向け:トップページお知らせ健康・福祉・介護新型コロナウイルス感染症について
市民向け:トップページ健康・福祉・介護医療・健康お知らせ新型コロナウイルス感染症について
市民向け:トップページお知らせ新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

感染防止対策を徹底しましょう

家庭内や職場内、会食など身近な場所での感染が増えています。
市民の皆様には、感染拡大の防止と、社会経済活動の維持を両立するために、感染防止対策の徹底にご理解とご協力をお願いいたします。

感染リスクが高まる5つのリスク

 

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症については、一般的な風邪やインフルエンザと同じように、個人の予防が重要になります。一人一人ができる対策を行っていきましょう。

また、発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。
 

新型コロナウイルスとは?

過去にヒトで感染が確認されていなかった新種のコロナウイルスです。これまでには6種類のコロナウイルスが確認されていました。
 

感染した場合の症状は?

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
 

どうやって感染するの?

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつります。

・飛沫感染…感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
・接触感染…感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

空気感染は起きないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。
 

新たな相談・診療・検査体制について

令和2年11月1日より、インフルエンザの流行に備え、これまでの「帰国者・接触者相談センター(保健所)から帰国者・接触者外来へ案内する体制」から、
帰国者・接触者相談センターを介することなく、かかりつけ医等にまず電話相談して、地域の身近な医療機関を相談・受診し、必要に応じて検査が受けられる体制」に変わりました。

市民の皆様向けに、チラシを作成いたしましたので詳しくは新たな受診方法についてをご確認ください。

 

一般的なお問い合わせはこちら

「新型コロナウイルス感染症相談センター」を山梨市役所健康増進課に開設しました

0553-22-1111(9時~21時)※土日・祝日も実施
 

山梨県新型コロナウイルス感染症受診・相談センター

055-223-8896(24時間対応)

外国語対応を希望される方

092-687-7953
 

厚生労働省電話相談窓口(フリーダイヤル)

0120-565653(9時~21時)※土日・祝日も実施

聴覚に障害のある方をはじめ、電話での相談が難しい方

03-3595-2756(FAX番号)
 

新型コロナウイルス感染症情報のLINE公式アカウントが開設されました

新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を確認することができます。

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に資するよう、厚生労働省で開発を進めていた「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming
Application)」がリリースされました。

本アプリは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるアプリです。

利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

また、山梨県では、アプリで接触が確認された方全員がPCR検査を受けることができます。

 

予防には一般的な感染症対策が重要です!

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

手洗い_s.jpg

 

咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
ただ、予防用にマスクを着用することは、混み合った場所、特に屋内や乗り物など換気が不十分な場所では一つの感染予防策と考えられますが、屋外などでは相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる効果はあまり認められていません。マスクについてのお願いはこちらから)


咳エチケット

 

 参考資料 

 

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2020年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12

広告

(※広告掲載について)