山梨市役所

市民向け:トップページお知らせクマにご注意ください!

クマにご注意ください!

今年は各地で例年以上にクマによる人身被害が多発しています。

クマにあわないよう、山に入るときや山間地に近い農地での作業中は、鈴やラジオなど音のするものを身に着けましょう。

また、クマを寄せ付けないよう、生ごみや放棄果実などを屋外に放置しないようにしましょう。

もし、市内でクマを目撃した場合は、日下部警察署または市農林課までご連絡ください。

農作業中のクマの出没を防ぐためには

農作業を行う際に注意すべき事項

  • 作業中にラジオなど音の出るものを携帯するなど、自分の存在をアピールすること。
  • クマの出没情報に留意し、クマの行動が活発になる早朝、夕方の作業時には、周囲に気を付けること。
  • 森林、斜面林などのそばの農地には、クマの出没ルートとなりやすいので特に注意し、周囲の灌木の刈り払いなどを行うこと
  • 頻繁にクマが出没する地域においては、できるだけ単独の作業は避けること。

誘因物の除去

  • クマを誘引する生ゴミや野菜・果実の廃棄残さ等の適切な処理
  • 農地では果樹園が最も被害を受けやすいところであり、収穫後の放置果実は適切に除去すること。
  • クマは、収穫物収納庫に入り込んで採食することもあるため、収納庫はきちんと施錠するなど管理を徹底すること。
  • 草刈機などに使われるガソリンなどの揮発性物質も、クマの誘引物となるため、保管場所等に注意すること。

入山する場合(レジャー等)

  • クマの活動領域であることを意識して行動しましょう。
  • 事前にクマの出没状況を収集しましょう。
  • 一般的によく知られている、比較的通行者の多い登山道等を利用し、安易にそれらの道から外れて行動することは控えましょう。
  • クマの存在を知らせる形跡(足跡、糞、熊棚等)があった場合は、あたりに注意して引き返しましょう。
  • 子グマを見つけた場合は、付近に親グマがいる可能性が高いので、速やかにその場を離れましょう。
  • 食品を持ち込む際は、それがクマを誘引するおそれがあることを認識し、きちんと管理するとともに、ゴミは必ず持ち帰りましょう。
  • 朝夕や霧が出ているときの入山はできるだけ避けましょう。
  • 鈴、笛、ラジオなど音のするものを身につけ、人間の存在を常に知らせるようにしましょう。
  • 万一の遭遇に備えてクマ除けスプレーを携行する場合、使用環境によっては効果を十分に発揮できない場合があるので、注意が必要です。

もしも、クマに遭遇してしまったら

(近くにクマがいることに気がついた場合)

  • 落ち着いて、クマに背を向けずに、ゆっくりとその場から離れましょう。
  • クマを驚かすので、大声を出したり、走って逃げるのはやめましょう。

関連リンク

山梨県みどり自然課「ツキノワグマ出没に対する注意について」

環境省「クマに関する各種情報」

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2020年10月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
1 2 3 4 5 6 7

広告

(※広告掲載について)