山梨市役所

市民向け:トップページ市民:記事令和3年度山梨市みんなの商品券のお知らせ

令和3年度山梨市みんなの商品券のお知らせ

 

商品券を利用できる店舗・事業所一覧

取扱店舗一覧(PDF 530KB)令和3年9月17日時点

事業の趣旨

新型コロナウイルス感染症が長期化する中で経済が低迷していることにより、市民の生活応援・消費喚起と市内店舗などの経済対策を目的とし、昨年度に引き続き全市民の皆様に、市内の店舗や事業所で利用できる商品券をお配りすることといたしました。

商品券は飲食・小売などのあらゆる店舗を3種類に分けましたので、地域の店舗や事業所でご利用いただきたいと考えています。

商品券事業の概要

(1)名称:「山梨市みんなの商品券」(以下「商品券」という)
(2)発行者:山梨市商品券事業実行委員会(以下「実行委員会」という)
(3)発行総額:約175,000,000円
(4)発行数:約35,000セット
(5)券種:一人あたり500円の商品券10枚(5,000円分)を1セット
 ※飲食・観光2,000円分、小売・サービス2,000円分、大型店(共通券)1,000円分
(6)配布対象:全市民(令和3年7月1日現在で市内に住民登録のある市民)
(7)配布時期:令和3年8月中旬から簡易書留により郵送(郵便の都合により9月になることもあります)
(8)利用期間:令和3年9月1日(水曜日)から令和4年1月31日(月曜日)

商品券の利用方法・注意事項

<ご利用方法>

(1)「取扱店舗一覧」で利用したい店舗や事業所が、どの商品券の種類に当てはまるかご確認ください。
 ※商品券を利用できる商品やサービスについては取扱店でご確認ください。 
(2)その店舗や事業所で使える商品券(1飲食・観光、2小売・サービス、3大型店舗(全店共通))をそれぞれ点線で切り取って、お支払いにご利用ください。

<特にご注意いただきたいこと>

(1)商品券の有効期限は、令和4年1月31日(月曜日)までとなり、期限を過ぎたものは無効となります。
(2)商品券は以下の支払いにはご利用になれません。

  • 商品券、図書券、切手、印紙、プリペイドカード、タバコ等
  • 株式、先物、保険、宝くじ等の金融商品、電子マネーへの入金等
  • 買掛金・未払い金等の支払い、事業活動に伴う仕入れ、経費の支払い
  • 国や地方公共団体への支払い、公共料金等の支払い
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23 年法律第122 号)第2 条に規定する営業への支払い
  • 特定の宗教・政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの
  • その他、取扱店舗・事業所が特に指定するもの

(3)商品券の額面に満たないご利用の際、おつりはお支払いできません。
(4)商品券と現金との両替はできません。
(5)商品券の紛失・盗難・破損等に対して発行者は責任を負いかねますので、保管には十分ご注意ください。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2021年9月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)