▼本文へ
▼総合メニューへ

このページを印刷する山梨市役所ロゴマーク

▲このページの先頭に戻る

観光施設

横溝正史館

外観
 この建物は、1955(昭和30)年頃東京都世田谷区成城に建てられた広さ約70平方メートル(20坪)の木造平屋で、正史氏が晩年まで書斎として執筆の場に使用していました。
 正史氏がこの世を去って25年の月日が流れ、建物も老朽化が進んだため解体することになりましたが、2006(平成18)年5月、「市民の文化教養に役立てていただければ」と正史氏の長男亮一氏から市が寄贈を受けました。
 
書斎
 市ではこの書斎を、正史氏が生前長野県上諏訪に病気のため転地療養する際、途中下車した中央本線「山梨市駅」(当時は日下部駅)と散策した笛吹川が一望できる笛吹川フルーツ公園隣接地に移築しました。
 書斎とともに寄贈いただいた約70点の品物の中には、自筆の原稿など貴重な品々が含まれています。
 
所在地

〒405-0043 山梨県山梨市江曽原1411-6
(笛吹川フルーツ公園フルーツセンター西側 無料駐車場完備)

開館日

土日祝日(年末年始を除く)

開館時間

午前10時〜午後3時(入館は午後2時45分まで)

展示内容

・書斎(執筆現場和室8畳)
・代表作「犬神家の一族」「獄門島」などの原稿
・江戸川乱歩の書簡
・正史氏の愛用品
・映画パネル、正史氏の写真など

入館料

一般 100円(高校生以上70歳未満)
※高校生未満・70歳以上は無料

隣接観光施設

・フルーツセンター(物産館・足湯)
・赤松の湯ぷくぷく
・フルーツパーク富士屋ホテル
・笛吹川フルーツ公園(新日本三大夜景)

アクセスマップ

アクセスマップ

位置図

お問い合わせ先

山梨市教育委員会 生涯学習課 根津記念館担当

TEL 0553-22-1111
FAX 0553-23-2800
E-mail:

順番:020

このページの先頭に戻る