○山梨市後期高齢者医療に関する条例施行規則

平成20年7月1日

規則第26号

(趣旨)

第1条 この規則は、山梨市後期高齢者医療に関する条例(平成20年山梨市条例第6号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(保険料の通知)

第2条 条例第4条に規定する普通徴収(以下単に「普通徴収」という。)又は高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号。以下「法」という。)第110条において準用するものとされた介護保険法(平成9年法律第123号。以下「準用介護保険法」という。)第136条第1項の規定による特別徴収を行う場合の、被保険者への地方自治法(昭和22年法律第67号)第231条の規定による通知は、後期高齢者医療保険料納入通知書(様式第1号)による。

2 準用介護保険法第140条第1項又は第2項の規定により特別徴収の方法によって保険料を徴収する場合における特別徴収対象被保険者への通知は、後期高齢者医療保険料納入通知書(様式第2号)による。

(普通徴収による保険料の納付方法)

第3条 第2条第1項の規定により保険料の通知を受けた被保険者が、普通徴収の方法により市長の指定する金融機関等又は市の窓口で保険料を納付する場合は、後期高齢者医療保険料納入通知書兼領収証書(様式第3号)により納付するものとする。

2 前項による保険料の納付は、口座振替により納入することができるものとする。その場合の手続き等は、山梨市財務規則(平成17年山梨市規則第42号)の定めるところによる。

(保険料額の変更)

第4条 第2条の規定による通知後、保険料額に変更があったときは、後期高齢者医療保険料変更納入通知書(様式第4号)により通知する。

(保険料の督促に関する通知)

第5条 条例第5条の規定による督促状は、後期高齢者医療保険料督促状(様式第5号)により行うものとする。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成20年7月1日から施行する。

附 則(平成20年10月1日規則第33号)

(施行期日)

1 この規則は、平成20年11月4日から施行する。

(旧様式により調製した用紙に関する経過措置)

2 この規則による改正前の第1条から第9条までに規定する規則に規定する様式(以下「旧様式」という。)により調製した用紙は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際、現にある旧様式により調製した用紙は、当分の間、これを修補して使用することができる。

附 則(平成21年6月30日規則第6号)

この規則は、平成21年7月1日から施行する。

附 則(平成22年3月24日規則第7号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成25年12月20日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年1月1日から施行する。

(旧様式により作成した用紙に関する経過措置)

3 この規則による改正前の第1条、第2条及び第4条に規定する規則に規定する様式(以下この項及び次項において「旧様式」という。)により作成した用紙は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

4 この規則の施行の際現にある旧様式により作成した用紙は、当分の間、これを修補して使用することができる。

附 則(平成26年6月20日規則第14号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年7月1日から施行する。

(旧様式により作成した用紙に関する経過措置)

2 この規則による改正前の山梨市後期高齢者医療に関する条例施行規則に規定する様式(以下「旧様式」という。)により作成した用紙は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式により作成した用紙は、当分の間、これを修補して使用することができる。

附 則(平成27年3月31日規則第6号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月24日規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像画像

画像

画像画像

山梨市後期高齢者医療に関する条例施行規則

平成20年7月1日 規則第26号

(平成28年4月1日施行)