いろいろなサービスを上手に利用しましょう

説明

 認知症の人を家族で介護する場合、長期間に及ぶことが少なくありません。そのため、介護する身にとってはいろいろな問題が生じやすく、 追い詰められることもあるでしょう。
 なかには、身内が認知症にかかっていることを受け入れられずに恥ずかしく思ったり、他人に迷惑をかけたくないという思いで、 家族だけで問題を解決しようとする場合も少なくないようです。
 しかし、そういった生活が続くと、心身ともに疲れ果て、認知症の人にとっても介護する人にとっても良い結果を生みません。
 介護を長く続けていくためには、いろいろな制度やサービスを上手に利用して、本人はもとより家族自身の健康にも目を向けられるゆとりをもつことが大切です。

用語の説明・サービスの一覧

※クリックすると山梨市内の各サービスの事業所や施設が表示されます。
種類 内容
居宅介護支援 介護支援専門員(ケアマネジャー)が介護サービス計画を作成し、サービス提供事業者との連絡調整などを行います。
訪問介護
(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーが家庭を訪問し、食事・入浴・排泄等の介護や、日常生活の援助が受けられる介護保険のサービスです。
訪問看護ステーション 主治医と連絡を取りながら、床ずれの手当てや点滴の管理などを行う看護師などがいる事業所です。
通所介護
(デイサービス)
日帰りで食事・入浴などの介護や機能訓練、レクレーションなどが受けられる介護保険のサービスです。
短期入所生活介護
(ショートステイ)
介護老人福祉施設などに短期入所して、食事・入浴などの介護や機能訓練が受けられる介護保険のサービスです。
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
認知症の高齢者などが共同で生活する住居で、食事・入浴などの介護や日常生活の支援、機能訓練が受けられる施設です。
介護老人福祉施設 常に介護が必要で自宅では介護できない方が対象の施設です。食事・入浴など日常生活の介護や健康管理が受けられます。
養護老人ホーム 住居がない、または経済的な問題やさまざまな理由で、在宅での生活が困難な方で、常時の介護を必要としない方が対象です。
有料老人ホーム 入浴・排泄もしくは食事の介護、食事の提供、またはその他日常生活のサービスを提供する施設です。「介護付」「住宅型」「健康型」の3つのタイプがあります。
訪問リハビリテーション 機能回復訓練の専門家が各家庭を訪問して、自宅で機能訓練が受けられる介護保険のサービスです。
認知症対応型通所介護
(認知症デイサービス)
認知症の高齢者が食事・入浴などの介護や支援、機能訓練を日帰りで受けられる介護保険のサービスです。
通所リハビリテーション
(デイケア)
医療施設や介護老人保健施設で理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が施すリハビリテーション療法を日帰りで受けられるサービスです。
医療保険で受けられる
通所リハビリテーション
(デイ・ナイト・ケア)
(デイケア)
在宅で生活されている高齢者(認知症など)の方に対し、食事(必要に応じて入浴)・生活援助・機能訓練・レクリエーションなど 個別のプログラムを医師・看護師・作業療法士・精神保健福祉士が計画・実施しています。

▲このページのトップへ