認知症サポーターになりましょう!

説明

 認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、認知症の方や家族に対して暖かい目で見守る応援者のことです。 困っている認知症の方や家族をさりげなく支援します。

認知症サポーターになるには?

認知症サポーターになるには?

「認知症サポーター養成講座」(約1時間〜1時間半程度)を受講すれば、どなたでもなることができます。 概ね10人以上の各種団体やグループ等を対象に開催しますので、山梨市地域包括支援センターへご相談ください。

認知症サポーターはどんなことをするの?

「認知症サポーター」は特別に何かをするわけではありません。まずは「認知症について正しく理解し、温かく見守ること」が大事な役割です。

誰が教えてくれるの?

認知症キャラバン・メイトと呼ばれる、認知症に関して専門的な知識を持つ人が講師です。

認知症や、認知症サポーター養成講座について、お気軽にご相談ください。
> 相談窓口はこちら

山梨市では、出前講座を実施しています。 出前講座につきましては、秘書人事課へお申込みください。
> 申請書のダウンロードはこちら

▲このページのトップへ