「早期発見」「早期治療」が大切です。

説明

 認知症は「早期発見」「早期治療」が大切です。気になる症状が見られたら、かかりつけ医などの医療機関や山梨市地域包括支援センターに相談しましょう。
 早期に治療を行えば、症状の悪化を防止することも可能になってきました。ちょっとおかしい、以前と様子が違うと思ったら健康診断のつもりで受診しましょう。

> 注意が必要な変化のチェック項目はこちら

認知症の予防方法は?

 認知症の予防に大切なのは、日ごろの健康的な生活習慣です。
最近の認知症予防の研究では、次のような生活習慣が、認知症になる危険度を下げると言われています。

運動をしましょう 【運動をしましょう!】
・週1回以上運動しましょう。(散歩、ゲートボール、体操など)
食生活に気をつけましょう 【食生活に気をつけましょう!】
・塩分を控えめに、バランスのよい食事を心がけましょう。
・魚や野菜、果物をまんべんなく食べましょう。
・口の中を清潔にしましょう。
脳を活発に動かしましょう 【脳を活発に動かしましょう!】
・文章を読みましょう。(新聞、本、雑誌など)
・好きなことを続けましょう。(農業、手芸、踊りなど)
・家族や友人との会話を楽しみましょう。
脳を活発に動かしましょう 【定期検診・定期受診を続けましょう!】
・血圧やコレステロール値、血糖値などに注意し、異常があったら、早めに受診しましょう。
・治療中の方は、定期受診や治療を継続しましょう。

▲このページのトップへ