山梨市役所

根津嘉一郎と根津記念館

「鉄道王」の異名を持つ 根津嘉一郎

根津嘉一郎について

根津嘉一郎万延元年(1860)6月15日甲斐国山梨郡正徳寺村(現山梨県山梨市)の農家に生まれる。東山梨郡役所の書記、後に村会議員、村長を歴任。明治30年代には東京へ進出。東京では若尾逸平や雨宮敬次郎と知り合い、甲州財閥を形成。明治38年(1905)には東武鉄道の社長に就任し、経営再建を行う。

資本関係を持った鉄道会社は24社に及び、多くの会社において社長などに就任した。「社会から得た利益は社会に還元する義務がある」という信念のもと、教育事業も手がけ、大正11年(1922)には旧制武蔵高等学校を創立する。特に山梨県下の全小学校へ200台にものぼるピアノ(後に根津ピアノと呼ばれる)やミシンの寄贈、また地元平等小学校の建築など、山梨県の教育文化振興に寄与した。

嘉一郎亡き後、東京青山の自邸に設立されたのが「根津美術館」です。
山梨市名誉市民。

 

根津記念館について

根津記念館は近代日本を代表する事業家の根津嘉一郎翁の実家を保存、活用する施設です。

この屋敷は、嘉一郎関与の元、甥の根津啓吉により、昭和7年から10年にかけて整備されました。近代数寄者としても名高い嘉一郎の故郷での「迎賓館」、大地主根津家の「地主経営の場」、「居住空間」としての機能を併せ持っていたと考えられ、本格的な近代和風建築の建物と空間を備えています。平成15年、根津家の後継者根津榮三郎様とそのご家族から寄贈を受けた山梨市が、およそ5年の歳月をかけ整備事業を進め、平成20年10月開館しました。

記念館の敷地は約6,700平方メートル、そこに国の登録有形文化財である長屋門、旧主屋、土蔵など昭和初期の建造物があり、それに加えて設計図により復原した青山荘と茶室、それらすべてが和風建築の粋をこらしたものであります。そして富士山を借景にした庭には池と美事な黒松(大磯の松)があり、根津嘉一郎翁の気概を象徴しています。館内には、たくさんの山野草、樹木があり、四季折々の草花を楽しむことができます。

また、展示棟では常設展として根津嘉一郎翁の生涯を紹介したパネル展示がございます。時期により様々な企画展示も行っております。

純粋な和風の空間に身をおくことによって日本文化を愛してやまなかった根津翁ゆかりの芸術、文化の世界をお楽しみ下さい。
 

根津記念館

 

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年5月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10

広告

(※広告掲載について)