山梨市役所

根津記念館

根津記念館は「鉄道王」と呼ばれた初代根津嘉一郎の実家「根津家」の邸宅を保存・公開する施設です。嘉一郎は東武鉄道の社長など鉄道会社24社、その他多くの会社経営にかかわった実業家です。

開館時間/休館日

開館時間
午前9時30分~午後4時30分(受付4時終了)
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)/年末(12月28日~12月31日、1月2日~1月4日)※1月1日は特別開館

花ごよみ&イベントカレンダーを公開しました。

花ごよみ&イベントカレンダー

※例年の目安です。イベントは中止、変更、追加等になる場合がございます。

 詳しい情報は、日にちが近づいてきましたら、イベントページ等でご確認ください。

花ごよみ&イベントスケジュール(PDF 240KB)

 

紅葉ライトアップ実施

 

開館時間を延長して館内のライトアップを行います。

根津記念館内には、大きなイチョウの木や多くの紅葉の木が植えられています。

それらの木々のライトアップに加え、キャンドルの優しい灯りで、幻想的な雰囲気を楽しめます。

ライトアップされた紅葉やイチョウを眺めながら、秋の夜長の根津記念館をお楽しみください。

展示棟や建物内も昼間と同様にお楽しみいただけます。

 

実施日:11月17日(土)、18日(日)、23日(金、祝)、24日(土)、25日(日)

時間:日没~20時30分(受付20時まで)

通常の入館料が必要です。

 

フォトコンテストの応募作品の撮影にも絶好のチャンスです!

特別企画展『嘉一郎と東武鉄道-「鉄道王」の軌跡-』もお楽しみいただけます。

 

紅葉ライトアップ

長屋門ライトアップ

 

 

【企画展】開館10周年・明治150年記念特別企画展 嘉一郎と東武鉄道-「鉄道王」の軌跡-

開業当初の東上鉄道の列車初代根津社長

東武博物館提供

根津記念館では、開館10周年・明治150年特別企画展「嘉一郎と東武鉄道-「鉄道王」の軌跡-」を開催します。日光詣スペーシア

今年、平成30年は、明治元年から150年にあたります。

嘉一郎が東武鉄道の初代社長に就任したのは明治38年。

無配当に転落していた東武鉄道を、徹底した節約をはじめ、利根川架橋工事、佐野鉄道や東上鉄道などの合併、全線電化、日光線の建設など大規模な事業を行い、日本有数の私鉄会社に成長させました。

近代日本の礎を築いた嘉一郎社長時代の歴史とともに、東武鉄道にまつわる模型や記念切符などを展示します。

 

期間:10月6日(土)~12月16日(日)明治150年ロゴマーク

場所:根津記念館 展示棟「八蔵」企画展示室

※休館日:月曜(祝祭日の場合は翌日)

協力:東武鉄道株式会社、東武博物館

 

子ども用制服の試着体験も実施します(期間限定)

東武鉄道の制服を着て記念写真をどうぞ!

制服試着期間:10月27日(土)~11月4日(日)

対象:小学生以下のお子さま

サイズは110cm、120cm、140cmです。

 

10周年チラシ(PDF 899KB)

 

「明治150年」ポータルサイト

 

このページの先頭へ

広告

(※広告掲載について)