山梨市役所

市民向け:トップページ市政市の組織・業務

市の組織・業務

山梨市長 望月清賢市長の部屋へようこそ。山梨市長の望月清賢です。
山梨市では現在、全国的に大きく社会問題となっております人口の減少と急速な少子高齢化が進み、税収の低迷や市町村合併による財政的な優遇措置の期限が差し迫る中、財政状況は厳しさを増しております。そうした状況の中で、市政の運営に全力を注ぎ、さまざまな課題に取り組んでまいります。
私は、「住民の生命を守る」「市民に幸せ感を与える」「愛郷心を育む」を政治信念としております。生命を守るとは、事故・災害から市民を守ること。幸せとは、清貧ではなく、豊かさと経済が伴う生活。愛郷心とは、郷土に育ち、そこに愛着心をもつことであります。
それらを礎に、山梨市が備え持っている「充実した医療機関と良好な教育環境」「国内屈指の果樹生産地」「勤勉で穏やかな市民気質」という、他のまちにない強みと素晴らしい地域特性を活かしてまいりたいと考えます。
よりよい山梨市の実現に向け、共に歩んでいきましょう。皆さまの深いご理解とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。

山梨市長 望月清賢

 

女子観光プロモーションチーム平成21年9月3日、観光振興や地域活性化に女性のアイディアを取り入れようと、女子職員だけで構成する「女子観光プロモーションチーム」を結成しました。
このプロジェクトは、女性に魅力的な観光環境を整え、観光客の増加につなげるには「女性の視点も重要」と、市の女子職員に参加を呼び掛けたものです。
プロモーションチームのメンバーは、『私にできる!私が考える!山梨市の観光振興』をテーマにレポート提出によって選考された16人。独身女性から子育て真っ最中の女性まで、所属部署や年齢層もさまざまです。
今後は、女性向けのイベントの企画や市内の観光スポットの有効利用策などを考えていきます。
また、メンバーの資格や趣味を観光振興に生かしていきたいと思います。
皆様からのご提案やご意見を募集しております。

英語ホームページEnglish

関連ファイル

山梨日日新聞(9月2日掲載記事) (PDF 180KB)
毎日新聞(9月4日掲載記事) (PDF 290KB)

 

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年6月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8

広告

(※広告掲載について)