山梨市役所

洞雲寺八房のウメ

【県指定天然記念物】洞雲寺八房のウメ

洞雲寺八房のウメ

  • 指定年月日
    昭和35年11月19日
  • 所在地
    山梨市牧丘町北原1116番地
  • 管理者
    洞雲寺

 

解説

八房の意味は実が多く実ることから名付けられたもので、洞雲寺の庭には3本あり、本堂前西側のものが最大です。
開花は3月中旬、花は白色八重、花径は2.5cm内外で、実は高さ2cm、直径1.7cm程度です。

  • 本堂前西側
  • 根回り 1.10m
  • 地上 1.3mの幹囲 1.05m
  • 樹高 7.30m

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2018年10月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10

広告

(※広告掲載について)