山梨市役所

銅鐘

【県指定有形文化財】銅鐘

銅鐘の写真

  • 指定年月日
    昭和34年2月9日
  • 所在地
    山梨市矢坪1088番地
  • 管理者
    永昌院

 

解説

この鐘は、永和3年(1377)藤原昌栄が鋳造し、明野村(現在北杜市明野町)の大林寺に納め、応永27年(1420)には甲府の東光寺へ、そして永正元年(1504)に永昌院へ移されました。その後、武田勝頼が戦陣に用いて遠州に渡りましたが、元和のころ再び永昌院に戻ってきたもので、中世甲斐の五鐘の一つといわれています。

  • 総高116.7cm(内竜頭の高さ21.2cm)
  • 口径64.2cm
  • 厚さ6.4cm

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)