山梨市役所

木造薬師如来坐像

【県指定有形文化財】木造薬師如来坐像

木造薬師如来坐像の写真

  • 指定年月日
    昭和39年2月20日
  • 所在地
    山梨市牧丘町西保下3631番地
  • 管理者
    普門寺

 

解説

小田野集落の妙高山普門寺は、建久年間(1190~1198)に甲斐源氏安田義定によって開基されたと伝えられています。この寺の本尊である薬師如来像は、左手を膝の上に置き薬壺を持ち、右手は施無畏の印を示しています。
桜の一木造で胴の背面に原始的な背ぐりが施されて、一木造の特色を示しています。
この仏像は天平年中の行基作とも伝えられ、毎年4月13日に開帳されています。

  • 像高 78.8cm

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)