山梨市役所

室伏五輪塔

【県指定有形文化財】室伏五輪塔

室伏五輪塔の写真

  • 指定年月日
    昭和47年1月27日
  • 所在地
    山梨市牧丘町室伏1896番地
  • 管理者
    円照寺

 

解説

円照寺の境内にある五輪塔は、かつては同地区の地蔵寺にあったものです。明治8年(1875)、同寺跡を室伏学校敷地として造成した際、校庭のすみに設置されましたが、大正11年現在の地に移設されました。
この五輪塔は、高さ1.80mのものと1.40mのものの二基があり、小塔の地輪側面に暦応三年(1340)の銘があります。大塔は安山岩、小塔は凝灰岩で、二基とも各輪に薬研刻の四門の梵字が刻されています。両塔とも南北朝期の優作として貴重です。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)