山梨市役所

熱中症に注意

熱中症に注意しましょう!

7月に入り気温の高い日が多くなります。「水分をこまめにとる」などに心がけ熱中症に注意しましょう。熱中症の予防には、水分補給と暑さを避けることが大切です。

熱中症を予防しよう!

熱中症とは?

熱中症は、高温多湿な環境下で、からだの水分や塩分などのバランスが崩れてしまい、体温調節がうまくいかなくなることからおこる不調で、生命の危険を伴うこともあります。

こんな日は特に熱中症に注意!

  • 気温が高い
  • 風が弱い
  • 湿度が高い
  • 急に暑くなった

特に熱中症になりやすい人

熱中症のイラスト

  • 肥満の人
  • 高齢者・幼児
  • 持病を持っている人・体調の悪い人
  • 暑さに慣れていない人

 

熱中症の予防のために

こまめに水分は取っていますか?

水分不足になると熱中症になる危険度が増します。
特に高齢者は、のどの渇きに対する感覚が鈍くなりやすいので、のどが渇いてなくてもこまめに水分補給をする必要があります。

直射日光に当りすぎていませんか?

直射日光に当り続けることは、熱中症の大きな原因となります。
日傘や帽子により、直射日光を避け、なるべく日陰にいるようにしましょう。

部屋の中でも熱中症に注意!

熱中症は、室内や夜間でも多く発生しています。すだれやカーテンで直射日光を遮り、換気をして部屋の空気を入れ替え、エアコンなどで部屋の温度調節を行うことも熱中症対策のために必要となります。

熱中症になったときには

熱中症の主な症状

  • めまい
  • 失神
  • 大量の発汗
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 意識障害
  • 高体温

このような症状が出た時は・・・

  • 涼しい場所への避難
    (風通しのよい日陰やエアコンの効いた室内など)
  • 体の冷却
    (体が乾いている場合は、ぬるめの水をかけてから風を当てると効果的です)
  • 水分の補給
    (少量の塩を加えた水や、塩分の含まれているスポーツドリンクが効果的)
    ※熱中症になった人は、発汗により脱水症状になっているので本人が飲みたくないといっても、なるべく飲ませるようにしましょう。
    ※これらの処置が困難であったり、症状が改善しない場合は直ちに医療機関へ。

農作業を行う方へ

農作業時は熱中症に特に注意しましょう!
必ず帽子などで直射日光を避け、決して無理をせずに適度に休憩をとるようにお願いします。

関連リンク

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)