山梨市役所

市民向け:トップページ市民:記事民泊サービス(住宅宿泊事業法)について

民泊サービス(住宅宿泊事業法)について

民泊サービスに関する新たなルールを定めた住宅宿泊事業法が、平成30年6月15日から施行されます。

この法に基づき事業を行う場合には、都道府県知事への届出が必要です。

「民泊サービス」及び「住宅宿泊事業法」について

「民泊サービス」とは、住宅の一部または全部を活用して行う宿泊サービスをいいます。

宿泊料を受けて「民泊サービス」を行う場合は「旅館業法に基づく営業許可」が必要ですが、平成30年6月15日以降は、人を宿泊させる日数が年間180日を超えないなど一定の要件を満たす場合には、「住宅宿泊事業法」に基づく届出による「民泊サービス」の営業が可能となります。

なお、施行日以降においても、人を宿泊させる日数が年間180日を超える場合には、「旅館業法に基づく営業許可」が必要です。

 

参考リンク

 

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2018年12月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

広告

(※広告掲載について)