山梨市役所

山梨市観光大使

山梨市観光大使とは

市では、山梨市の魅力・観光情報を広く国内外に紹介し、市の観光振興とイメージアップを図る目的で、各分野で活躍されている市にゆかりのある方を「山梨市観光大使」として委嘱しています。
現在、山梨市観光大使は18名(うち1名はマスコットキャラクター)です。

観光大使プロフィール【委嘱順】

山梨市観光大使:雨宮眞也


雨宮眞也
雨宮眞也
(あめみやまさや)

弁護士。山梨市出身。
山梨中央銀行勤務を経て、中央大学法学部卒業。
1962年、弁護士登録。
1974年、駒澤大学法学部教授となり、駒澤大学法学部長、駒澤大学副学長を経て、
1998年~2002年 駒澤大学学長を務める。
1999年、やまなし市21世紀戦略会議議長。
2011年、山梨県中小企業高度化資金第三者委員会委員長。
駒澤大学名誉教授、中国遼寧大学名誉教授。
現在、雨宮眞也法律事務所所長。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:大沢聡


大沢聡
大沢聡
(おおさわさとし)

オカリーナ奏者。静岡県富士宮市出身。山梨市在住。
国立音楽大学音楽学部器楽学科サキソフォーン専攻在学中にオカリーナと出会う。
2004年10月プロ活動開始。
平成18年イタリアで東洋人初のリサイタルを開催後、
世界中から賞賛され、国際的に活動する。
2008年度国際芸術連盟音楽賞、第3回東京サミット音楽コンクール奨励賞を共にオカリーナで受賞。
国際芸術連盟専門家会員。イタリア・ブードリオ市名誉賞受賞。
JR山梨市駅前に音楽事務所「株式会社STUDIO fiato」を構える。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:覚和歌子


覚和歌子
覚和歌子
(かくわかこ)

詩人・作詞家。山梨市出身。
平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、小泉今日子、沢田研二、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。
NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。
2001年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。
詩集、エッセイ、絵本など著作多数。山梨市民歌の編集補作詞も担当。
米国ミドルベリー大学日本語学特別講師。
詩作を軸足にマルチな活動を展開している。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:風間深志


風間深志
    風間深志
(かざましんじ)

冒険家。山梨市出身。
1980年、キリマンジャロをバイクで登攀。
1982年、日本人初となる「パリ・ダカ―ルラリー」参戦、完走。
1984年、85年世界最高峰エベレストに挑み高度6005m の世界高度記録樹立。
1987年に北極点、1992年には南極点にそれぞれ到達するなど、数々の金字塔を打ち立てた。
2004年ダカール・ラリーでの事故により左足に機能障害を負うも、
2006年~2013年までWHO商人の世界キャンペーン「BJD」で世界35ヶ国7500kmの精力活動。
ナショナルアチーブメントを受賞した。
2015年以降、親子で「BAJA1000」「ダカール・ラリー」に継続出場するなど、そのチャレンジングスピリットはいまだ留まることがない。
NPO法人「地球元気村」主宰。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:小林真人


小林真人
小林真人
(こばやしまさと)

作曲家、ピアニスト、作詞家。山梨市出身。
桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。
山梨県立県民文化ホール アーティスティック・アドバイザー。
国立音楽大学応用演奏学科卒業後、プラネタリウム番組、小学校校歌、合唱曲、ピアノ曲など
数多くの作品を作詞作曲している。
2015年山梨市民歌を作曲。
また、コーラスグループ「サーカス」のコンサートでピアニストとして出演する他、ソロコンサートも行っている。
全国各地で年間100回以上の学校公演を行っており、その様子はさまざまな新聞、テレビ・ラジオ等で度々取り上げられている。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:鈴木徹


鈴木徹
鈴木徹
(すずきとおる)

陸上選手。山梨市出身。
走り高跳びの競技で日本人初のパラリンピック出場。シドニー、アテネ、北京、ロンドン、リオパラリンピックに出場し、5大会連続入賞。
日本人初の義足のプロアスリートとなる。
2006年のジャパンパラリンピックで日本記録を更新する2m00を跳び、当時世界で2人しかいない”義足で2mを跳べるジャンパー”となる。
2017年の世界パラ選手権では銅メダルを獲得し、個人としては初めての世界戦でのメダル獲得となった。
自身の経験を活かし、全国様々な場所で積極的に講演活動も行っている。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:林真理子


林真理子
林真理子
(はやしまりこ)

作家。山梨市出身。
コピーライターとして活動の後、1982年に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、処女作にしてベストセラーとなる。
1986年に『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞、小説家としての地位を確立した。
現在、直木賞、吉川英治文学賞、柴田錬三郎賞、中央公論文芸賞、毎日出版文化賞他、数々の選考委員を務めている。
2018年『西郷どん!』がNHK大河ドラマの原作となる。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:林久悦


林久悦
林久悦
(はやしひさよし)

ドラマー、音楽家。
1994年「風来坊」でデビュー。
2005年「ミサイルイノベーション」結成。
2009年「族音二重奏」結成。
2016年「市立笛川小学校」校歌を制作。
バンド活動と並行してサポートミュージシャン活動も行う。
現在までに寺岡呼人、ゆず、Anly、浦沢直樹、中村中、植村 花菜などのレコーディング、ライブに参加。
寺岡呼人主催のイベントゴールデンサークルではここ数年レギュラーを務め、これまでに小田和正、奥田民生、さだまさし、桜井和寿、K、仲井戸麗市などのバックを務める。
ステージプロデューサーとしての顔も持ち、復活したJUN SKY WALKER(S)のライブ構成も手掛けた。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:林由恭


林由恭
林由恭
(はやしよしやす)

ベーシスト、音楽家、山梨市出身。林久悦は双子の兄。
1994年「風来坊」のメンバーとしてメジャーデビュー。
その後はHUMANS、ミサイルイノベーション、族音二重奏、風カヲル時など
バンド活動やソロ活動のアーティスト活動と並行し、スタジオミュージシャンとして奥田民生・加山雄三・桜井和寿・寺岡呼人・中村 中・ゆず・など、多くのアーティストのレコーディングやコンサートに参加している。
2016年には市立笛川小学校の校歌を制作。
地元のコンサート活動も積極的に行っている。
尚美学園大学非常勤講師、やまなし大使。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:マキタスポーツ


マキタスポーツ
マキタスポーツ

山梨市出身。ワタナベエンターテインメント所属。俳優、ミュージシャン、芸人など、幅広く活動。
2012年、映画「苦役列車」にてブルーリボン賞新人賞、東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞。
主な主演作品に、映画・ドラマ「みんな!エスパーだよ!」(2015)、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017)、映画「忍びの国」(2017)、TBSドラマ「中学聖日記」(2018)などがある。
ミュージシャンとしては、バンド「マキタ学級」での活動など、音楽とお笑いを融合させた枠に囚われないプロデュースを展開している。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:吉澤やすみ


吉沢やすみ
吉澤やすみ    
(よしざわやすみ)

漫画家。山梨市出身。
1970年、『週刊少年ジャンプ』にて読切『ど根性ガエル』(吉沢 保己名義)でデビュー。
その後すぐ同タイトルの作品を連載開始し、当時のジャンプを支える人気作となった。
1972年、1981年と2度のアニメ化を果たす。
2015年には実写テレビドラマ化されるなど、その作品は長きにわたって愛されている。

山梨市観光大使:奥脇洋子


奥脇洋子
奥脇洋子
(おくわきようこ)

コミュニュケーション・コンサルタント。山梨市出身。
青山学院大学英米文学科卒業後、山梨放送アナウンサーを経て、
コミュニケーション・アーツ・アカデミー代表。
人としての普遍的な生き方をベースにしたコミュニケーション感性学を展開し、
人間力アップを指向しての教室運営、講演、企業研修などに当たっている。
JALインターナショナルの客室乗務訓練部講師、山梨学院大学、同短期大学、各種専門学校講師を歴任。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:柏原収史


柏原収史
柏原収史
(かしわばらしゅうじ)

俳優。
実兄である柏原崇の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の最終オーディションを見に来ていたところをスカウトされ、芸能界に入る。
映画「スリ」では日本映画批評家大賞・新人賞を受賞。
NHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」、「マッサン」、「あさが来た」、大河ドラマ「西郷どん」など様々な作品の出演するほか、アーティストとして楽曲提供や「鶯谷フィルハーモニー」の一員としての活動も行っている。
父親が山梨市三富の出身であり、市内には親戚の方が住んでいるなど、市とはゆかりが深い。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:渡辺達生


渡辺達生
渡辺達生
(わたなべたつお)

カメラマン。山梨市出身。
成蹊大学経済学部卒業後、小学館の雑誌「GORO」で雑誌グラビア写真の世界に入る。
その後、週刊ポスト、週刊文春、週刊朝日、CanCamなど雑誌や楽天球団など広告写真も多く、230冊を超える写真集は貝殻ビキニの武田久美子、川島なお美など話題になる。
レコードジャケットも”川の流れのように”美空ひばり、石川さゆりなど多数を撮り、撮影した女性はゆうに4000人超え。
近年では”人生最後を笑って逝こう”というコンセプトのもと遺影を撮る「寿影」プロジェクトに取り組む。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:小倉浩二


小倉浩二
小倉浩二
(おぐらこうじ)

シャンソン歌手。山梨市出身。日川高校、早稲田大学第一文学部卒。
1999年より、都内のシャンソニエで歌手活動を展開し、これまで東京、大阪、京都、愛知、福岡、沖縄、長野、静岡などの全国各地や台湾でソロコンサートを数多く開催。
2003年に第2回「全国カンツォーネコンクールで特別賞表現力賞を受賞。
07年にファーストCD「愛のコレクション」、15年にセカンドCD「想いを込めて、今」をリリース。
やまなし大使のほか、FM甲府とFMふじやまのパーソナリティを務める。
「シャンソン界の貴公子」として注目を集めている。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:根津まなみ


根津まなみ
根津まなみ
(ねづまなみ)

歌手。山梨市出身。
幼少期よりクラシックピアノや吹奏楽に親しみ、専門学校進学とともに上京。
ピアノ調律を専攻しながらジャズヴォーカルを学ぶ。
ソロユニット「茜空」として活動開始。(2017年より"根津まなみ"名義に変更)
これまでに5枚の作品をリリースしており、鍵盤ひとつで日本全国を股にかけている。
現代ジャズを経過したポップスバンド「showmore」のヴォーカル、クラシカルインストバンド「hypha」も主催するなどその活動は多岐に渡る。

山梨市観光大使:樋口政也/桜チョメ吉


樋口政也
樋口政也/桜チョメ吉
(ひぐちまさや/さくらちょめきち)

ミュージシャン。山梨市出身。
1994年、中学の同級生で結成したロックバンド「風来坊」のボーカルとしてメジャーデビュー。
2002年、エンターテインメントバンド「びゅーちふるず」を結成し、ピンクの貴公子・桜チョメ吉として活動。
2004年、「朝ごはんの歌」でデビュー。
2005年にモンチッチのパペットアニメーション主題歌「みんなだいすきモンチッチ」をリリース。
現在はラジオDJや司会者などマルチに活動。
並行して2014年に樋口政也名義のソロバンド「マクランド」も結成し活動中。

ホームページはこちら

山梨市観光大使:巨峰のキョッシー


巨峰のキョッシー
巨峰のキョッシー
(きょほうのきょっしー)

巨峰の丘マラソン公式キャラクター。
巨峰を作っている畑に現れて、巨峰がおいしくなるおまじないをかけてくれる巨峰の妖精である。
マラソン大会当初より、パンフレットや記念品にイラスト掲載。
2014年に命名され、市内イベント、県内外の観光キャンペーンなど幅広く活躍している。

ホームページはこちら

カテゴリー

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2019年9月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12

広告

(※広告掲載について)