山梨市役所

市民向け:トップページくらしごみ・リサイクル・環境ごみ・リサイクル廃食油の収集とバイオディーゼル燃料化

廃食油の収集とバイオディーゼル燃料化

山梨市では、一般家庭と小中学校等公共施設から廃食油(使用済みの植物油)を収集しています。
平成21年度からは、集めた廃食油からバイオディーゼル燃料を製造して、スクールバスなどで使用しています。

集めた廃食油からバイオディーゼル燃料を製造して、スクールバスなどで使用

廃食油の収集について

一般家庭から出る廃食油は、各地区に設置されているリサイクルステーションで収集しています。
平成20年度から21年度までの収集量は、22,843ℓ(小中学校等からの収集量も含む)。
市では、年間25,000ℓの収集を目指していますので、今後とも廃食油の収集にご協力をお願いします。

収集する油の種類

 
収集する油 菜種(キャノーラ)油
大豆油
コーン油
紅花(サフラワー)油
ヒマワリ油
綿実油
ゴマ油

※収集できない油

  • エンジンオイル等の鉱物油
  • 牛脂、豚脂(ラード)、魚油など動物系の食用油
  • ヤシ油、パーム油、ショートニング(固まりやすいもの)

収集方法

リサイクルステーションに「廃食油収集箱」と「ポリタンク」が設置してあります。廃食油の出し方は以下の2通りです。

  • その1
    廃食油をポリタンクに移し入れる方法
    ※ 廃食油を入れてきた容器はお持ち帰りください。
    ※ ポリタンクのフタは必ずしめてください。
  • その2
    2リットル以下のペットボトルに廃食油を入れ、フタを閉めて、そのまま収集箱に入れる方法
    ※ この場合ペットボトルがゴミになってしまうので、ポリタンクへの移し変えと、容器の再利用にご協力をお願いします。
  • 賞味期限切れの油は、容器のまま収集箱に入れてください。

バイオディーゼル燃料化について

バイオディーゼル燃料製造プラント

平成20年度にバイオディーゼル燃料製造プラントを設置しました。平成21年度から本格稼働しており、製造したバイオディーゼル燃料は、スクールバスなどの燃料として使用しています。

詳しくは下記のPDFをご覧ください。

 

関連ファイル

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)