山梨市役所

市民向け:トップページ防災(安心・安全情報)住宅用火災警報器の設置義務

住宅用火災警報器の設置義務

火災報知器作動している絵

戸建住宅、アパート、マンションなどの住宅火災による死者数は、建物火災による死者数全体の約9割を占めています。そのうち実に約6割近くが65歳以上の高齢者であります。今後の高齢社会を考えると、住宅火災による死者数がますます増加する恐れがあります。
こうした状況のもと、住宅火災による死者数の低減を目的とし、平成16年に消防法が改正され、住宅用火災警報器などの設置が義務づけられました。

 

住宅用火災警報器の設置義務
種類 設置義務適用日 備考
新築住宅 平成18年6月1日から 消防法により
既存住宅 平成23年6月1日から 東山梨行政事務組合火災予防条例により

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2018年2月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10

広告

(※広告掲載について)