山梨市役所

永昌院総門

【市指定有形文化財】永昌院総門

永昌院総門

  • 指定年月日
    平成24年7月20日
  • 所在地
    山梨市矢坪1088番地
  • 管理者
    永昌院

 

解説

この総門は四脚門で、屋根は切妻造鉄板葺(旧茅葺)、規模は桁行3.22m、梁間2.95mです。
四脚門は中央で桁行方向に並ぶ2本の本柱と、本柱の左右の梁間方向に立つ4本の控柱の計6本の柱で構成されます。市内では窪八幡神社神門(国指定重要文化財)などにみられる形式です。
永昌院総門はたびたび修理された痕跡がみられますが、古い部材もよく残っている、市内でも有数の古い禅宗様式の門です。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)