山梨市役所

川浦口留番所跡

【市指定史跡】川浦口留番所跡

川浦口留番所跡の写真

  • 指定年月日
    平成8年9月1日
  • 所在地
    山梨市三富川浦1209番5
  • 管理者
    山梨市

 

解説

甲斐九筋の一つに数えられる雁坂道は、甲斐と武蔵を結ぶ重要路として古くから開かれ、永徳4年(1384)にここに関所が設けられたと伝えられています。
江戸時代関所は全国的に制度化されましたが、口留め番所は「番屋」とも呼ばれ、人や物資の流入を取り締まる役割を果たし、通行手形は栃本と呼応して発行されました。
川浦番所は、15坪の敷地に番屋と門が設けられ、番人は1日2人ずつ24時間交代で任務にあたりました。当番日数は、川浦村6番、下荻原村2番、上柚木村4番、下柚木村8番、上釜口村2番、下釜口村2番、徳和村6番で計30番勤めました。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)