山梨市役所

木造夢窓国師坐像

【市指定有形文化財】木造夢窓国師坐像

木造夢窓国師坐像

  • 指定年月日
    平成13年3月31日
  • 所在地
    山梨市三ヶ所620番地
  • 管理者
    清白寺

 

解説

夢窓国師坐像の特徴は、「夢窓の撫で肩」といわれる極端な撫で肩が有名なほか、頭頂の尖る卵形の顔、鼻下の長さ、下唇などがあり、この清白寺の国師像は、その特徴をよくとらえています。
国師の彫像は豊富にありますが、没後に造られた遺像ばかりで、在世中に造られたいわゆる寿像は、京都府天龍寺妙智院蔵の画像があるのみです。
清白寺像は、妙智院画像に相似しており、夢窓国師最晩年の寿像に近い彫像と考えられています。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)