山梨市役所

切差金毘羅山の柱状節理と岩脈

【市指定天然記念物】切差金毘羅山の柱状節理と岩脈

切差金毘羅山の柱状節理と岩脈

  • 指定年月日
    平成13年3月31日
  • 所在地
    山梨市切差地内
  • 管理者
    切差区

 

解説

岩脈は、マグマが岩石の割れ目に入って固まり、直立した板状の火成岩となったもので、両壁に平行な柱状節理(柱状の割れ目)と両壁に垂直な板状節理が発達します。
切差金毘羅山は切差本村の北側にあり、岩脈は、金毘羅山の頂上付近一帯から西南西に延び、全長は900mと推定されています。柱状節理は、最もはっきりと現れているところで、幅約20m、高さ約10mの規模を有し、木材を積み重ねたように四角形、五角形、六角形の見事な柱状節理が発達しています。

カテゴリー

レコメンドリスト【共通】

この情報は役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価は運営の参考といたします。

このページの内容は役に立ちましたか?
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの先頭へ

イベントカレンダー

2017年11月
曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日 曜日
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
3 4 5 6 7 8 9

広告

(※広告掲載について)